おせち料理 意味

おせち料理の意味が知りたいっ

おせち料理を重箱に詰めるのも、
意味があります。

 

おせち料理を詰めて重ねることが、
「めでたさを重ねる」ということにつながります。

重箱には、大体決まったおせち料理が
入ります。

 

勿論、地方、各家庭によって
中身は違いますし、

 

お重の数も一定ではありません。

 

 

最近では1つ、あるいは2つの
お重に詰めることもあるようです。

 

 

ここでは、一般的な例をご紹介いたしましょう。

 

 

一の重には数の子、田作り、黒豆など
祝肴を入れます。

 

 

二の重には口取りを入れます。

 

口取りとは栗きんとん、伊達巻、
昆布巻き、紅白蒲鉾、酢の物などです。

 

 

三の重には海の幸を入れます。
海老、魚などの焼き物を入れましょう。

 

 

与の重には山の幸、野菜の煮物を
入れます。

 

 

なお、与の重は、縁起を担いで
四の重とは言いません。

 

 

3つのお重でまとめる場合には
一の重に祝肴と口取り、

 

二の重に焼き物と酢の物、
三の重には煮しめを詰めます。

 

 

料理にも一つ一つ意味が
込められています。

 

 

黒豆  
健康に、まめに暮らせるようにという
願いが込められています。

 

 

田作り(ゴマメ) 
五穀豊穣を祈ります。

 

 

きんとん
金運が良くなることを願う縁起物です。

 

 

数の子
卵が無数にあることから、
子孫繁栄の祈りが込められています。

 

 

海老  
腰が曲がるまで、ということで長寿を願います。

 

 

昆布巻き  
「よろこぶ」につながり
縁起がよいものとされています。

 

 

おせち料理で、
無事に年を越せたことを祝い

 

良い年になるよう願いを込めるのは
昔も今も変わりませんね。

スポンサードリンク

おせち料理の意味が知りたいっ関連記事

由来について教えて!
おせち料理の由来は弥生時代までにさかのぼります。長い伝統と歴史をもつおせち料理を次の世代に伝えていきたいですね。
保存法教えて下さい
おせち料理も最近は薄味嗜好です。賞味期限内に食べきれない分は冷凍保存しましょう。ただし、冷凍状態で届いたおせちの再冷凍はおすすめできません。その意味では生おせち、はおすすめです。
賞味期限ってどれくらい?
おせち料理の賞味期限は、冷蔵、冷凍、真空パックなどによって異なります。いずれにしてもおいしいうちにいただきたいですね。